学生の大手志向は本当か?データから考察する「中小企業が大手に負けない」採用術

キミスカ

概要

中小・ベンチャー企業の有効求人倍率は8.62倍(2020年卒)となり、大企業が0.42~1.08倍であるのと比べ、依然として厳しい状況にあります。しかし、大手企業と同じ⼟俵で勝負をしようとしても、圧倒的なアドバンテージがあるのは当然のことです。まずすべき事は、現在の学⽣の志向性や活動スタイルを知るとともに、⾃社の強みは何かを徹底的に挙げ、そこから「使える要素」を導き出す事です。

本資料では、中小企業・ベンチャー企業の採用担当者へ向けて、大手と中小企業を平行して志望している就活生に最終的に選ばれる(採用となる)ポイントを、データや事例を基に考察しています。利用すべき就活サービスの比較早見表も参考に、自社の戦略にお役立てください。

目次

  • 中小企業が選ばれるポイントを考察する
  • 大企業に「勝つ」ための3ステップ
  • ベストな土俵を選定するためのWebサービス・イベント早見表
  • 自社の強みを抽出するには
  • 新卒ダイレクトリクルーティング「キミスカ」の特徴

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社グローアップに情報が提供されます

概要

中小・ベンチャー企業の有効求人倍率は8.62倍(2020年卒)となり、大企業が0.42~1.08倍であるのと比べ、依然として厳しい状況にあります。しかし、大手企業と同じ⼟俵で勝負をしようとしても、圧倒的なアドバンテージがあるのは当然のことです。まずすべき事は、現在の学⽣の志向性や活動スタイルを知るとともに、⾃社の強みは何かを徹底的に挙げ、そこから「使える要素」を導き出す事です。

本資料では、中小企業・ベンチャー企業の採用担当者へ向けて、大手と中小企業を平行して志望している就活生に最終的に選ばれる(採用となる)ポイントを、データや事例を基に考察しています。利用すべき就活サービスの比較早見表も参考に、自社の戦略にお役立てください。

目次

  • 中小企業が選ばれるポイントを考察する
  • 大企業に「勝つ」ための3ステップ
  • ベストな土俵を選定するためのWebサービス・イベント早見表
  • 自社の強みを抽出するには
  • 新卒ダイレクトリクルーティング「キミスカ」の特徴
ブックマークしました