【令和時代の働き方改革】「受付電話を置かない」がもたらす効果とは

RECEPTIONIST

概要

内線電話を使った受付の問題点は下記の2つです。

①「総務に受付電話が集中する」問題

来客者は担当者の部署を覚えていないことがほとんどで、結果的に総務部に受付からの電話が集中してしまう。

②「他人の仕事を邪魔する」問題

内線電話だと、電話を受けた人は担当者にお客様が来たことを伝えなければといけません。一日に何度も来訪があると、そのたびに業務を中断し取次をする必要があり、集中力を阻害し業務の妨げに。

このような問題に悩む企業がクラウド受付システムを利用すれば、バックオフィスの負担が87.5%も軽減します。本資料では内線電話を使わないメリットと、ビジネスチャットやスマホアプリを使って担当者を直接呼び出す「RECEPTIONIST」について解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社RECEPTIONISTに情報が提供されます

概要

内線電話を使った受付の問題点は下記の2つです。

①「総務に受付電話が集中する」問題

来客者は担当者の部署を覚えていないことがほとんどで、結果的に総務部に受付からの電話が集中してしまう。

②「他人の仕事を邪魔する」問題

内線電話だと、電話を受けた人は担当者にお客様が来たことを伝えなければといけません。一日に何度も来訪があると、そのたびに業務を中断し取次をする必要があり、集中力を阻害し業務の妨げに。

このような問題に悩む企業がクラウド受付システムを利用すれば、バックオフィスの負担が87.5%も軽減します。本資料では内線電話を使わないメリットと、ビジネスチャットやスマホアプリを使って担当者を直接呼び出す「RECEPTIONIST」について解説します。

ブックマークしました