Thumbnails

中途採用活動における負荷についてのアンケート調査と事例

LiBzCAREER

概要

中途採用活動における負荷についてのアンケート調査を行ったところ、約9割の採用担当者が採用活動の業務負担は「ある」と回答しました。その中でも大半が「求職者と自社マッチング」を非常に重視し、そこに多くの時間を割き試行錯誤しているため「いい人をとるには時間がかかるし大変」と思わせている要因になっています。

この採用担当者の課題を打破する手法の一つに「カルチャーマッチ採用」があることをご存知でしょうか?今までではリーチできなかった潜在層からの応募の獲得や自社マッチしている人材のみの母集団形成に繋がり内定率をぐっとUP、スピーディな採用に成功している事例が多くあります。今回は1日10分のスカウトで課長、新規事業担当者を2名採用し、即戦力採用で事業加速に発展した企業様の成功事例もあわせてお伝えいたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。

概要

中途採用活動における負荷についてのアンケート調査を行ったところ、約9割の採用担当者が採用活動の業務負担は「ある」と回答しました。その中でも大半が「求職者と自社マッチング」を非常に重視し、そこに多くの時間を割き試行錯誤しているため「いい人をとるには時間がかかるし大変」と思わせている要因になっています。

この採用担当者の課題を打破する手法の一つに「カルチャーマッチ採用」があることをご存知でしょうか?今までではリーチできなかった潜在層からの応募の獲得や自社マッチしている人材のみの母集団形成に繋がり内定率をぐっとUP、スピーディな採用に成功している事例が多くあります。今回は1日10分のスカウトで課長、新規事業担当者を2名採用し、即戦力採用で事業加速に発展した企業様の成功事例もあわせてお伝えいたします。

ブックマークしました