月次決算はなぜ遅れる?「業務」ではなく「仕組み」を見直すべき理由

RECEIPT POST

概要

働き方改革関連法の施行により、近年、「経費精算業務」のスマホ対応・ペーパーレス化のニーズが顕在化しています。そこで登場した次世代の経費精算システムでは、システムとBPOを組み合わせることで業務負荷を最小化することができます。

今まで経理が行っていた領収書原本と申請データの突合点検・保管・廃棄にかかる作業をBPOが代行すれば、80%以上の省略化が可能に。結果として月次決算が高速化し、迅速な経営判断を行うことができます。詳しくは資料をご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社BearTailに情報が提供されること、

概要

働き方改革関連法の施行により、近年、「経費精算業務」のスマホ対応・ペーパーレス化のニーズが顕在化しています。そこで登場した次世代の経費精算システムでは、システムとBPOを組み合わせることで業務負荷を最小化することができます。

今まで経理が行っていた領収書原本と申請データの突合点検・保管・廃棄にかかる作業をBPOが代行すれば、80%以上の省略化が可能に。結果として月次決算が高速化し、迅速な経営判断を行うことができます。詳しくは資料をご覧ください。

ブックマークしました