スマホの活用で経費精算を効率化する方法

RECEIPT POST

概要

経費精算を申請する側も、経理側も、毎回発生する精算業務に追われ、面倒だと感じている方は少なくありません。ちょっと我慢するだけ…と思っていても、例えば1人30分経費精算にかけていていた社員100名がいたとすれば毎月3000分(50時間)、全体で時間の浪費を引き起こしています。

今回は、そんな経費精算によるロスタイムをなくし、社員一人ひとりが生産的な時間を生み出す方法についてご紹介いたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社BearTailに情報が提供されることに同意して

概要

経費精算を申請する側も、経理側も、毎回発生する精算業務に追われ、面倒だと感じている方は少なくありません。ちょっと我慢するだけ…と思っていても、例えば1人30分経費精算にかけていていた社員100名がいたとすれば毎月3000分(50時間)、全体で時間の浪費を引き起こしています。

今回は、そんな経費精算によるロスタイムをなくし、社員一人ひとりが生産的な時間を生み出す方法についてご紹介いたします。

ブックマークしました