これからの人事労務は「戦略」なくして語れない。まず見直すべき業務は?

クラウドERP freee

概要

「働き方改革関連法」の施行で、従来より徹底的な労務管理が求められる現在。さらに、コロナ禍でのテレワークによる働き方のシフトチェンジやDXの推進にも対応するために、今、人事労務部門には戦略的な取組みが求められます。

人事労務の現場視点でも、戦略業務に時間を充てたいところですが、実際のところは、戦略業務に注力できていない企業が半数を超えています。人事部が非定型業務にシフトするためには、既存の業務の見直しが不可欠です。

そこで、本資料では業務の見直しと進め方について具体的に解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

「働き方改革関連法」の施行で、従来より徹底的な労務管理が求められる現在。さらに、コロナ禍でのテレワークによる働き方のシフトチェンジやDXの推進にも対応するために、今、人事労務部門には戦略的な取組みが求められます。

人事労務の現場視点でも、戦略業務に時間を充てたいところですが、実際のところは、戦略業務に注力できていない企業が半数を超えています。人事部が非定型業務にシフトするためには、既存の業務の見直しが不可欠です。

そこで、本資料では業務の見直しと進め方について具体的に解説します。

ブックマークしました