新たなリスクに備える経理へ

RECEIPT POST

概要

現在、新型コロナウイルス感染症により、「テレワーク」や「時差出勤」などの対策を行っている企業が増えております。このような緊急事態に経理が考えられるリスクは、出社しないと経費精算ができない、突然の上長不在で承認できないなどが考えられ、企業全体の業務が滞る恐れも…。今回は疫病というケースですが、地震・台風・テロ・転職などの緊急事態についても同様で、万が一のリスクを想定し、具体的な対策方法について備えは万全でしょうか?

本資料では、予期しない事態にみまわれても、経理をはじめ企業全体の体制を継続していくために、どうリスクヘッジしていけばよいかをお伝えいたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社BearTailに情報が提供されることに同意して

概要

現在、新型コロナウイルス感染症により、「テレワーク」や「時差出勤」などの対策を行っている企業が増えております。このような緊急事態に経理が考えられるリスクは、出社しないと経費精算ができない、突然の上長不在で承認できないなどが考えられ、企業全体の業務が滞る恐れも…。今回は疫病というケースですが、地震・台風・テロ・転職などの緊急事態についても同様で、万が一のリスクを想定し、具体的な対策方法について備えは万全でしょうか?

本資料では、予期しない事態にみまわれても、経理をはじめ企業全体の体制を継続していくために、どうリスクヘッジしていけばよいかをお伝えいたします。

ブックマークしました