【調査レポート公開】日本企業の海外進出、実際のところは?

レアジョブ英会話

概要

「グローバル化」の重要性が叫ばれる昨今ですが、帝国データバンクの調査によると、日本企業の海外進出率は24.7%ほどにとどまっています。そして今後のグローバル化の課題として、英語人材の確保が最重要となりますが、採用難が加速する中、英語を使える人材を今のうちに社内にプールすることが理想ではないでしょうか。

BizHint会員にアンケートを行ったところ、ほとんどの社会人が英会話を利用していないが、4割近くは福利厚生での英語学習に意欲的でした。さらに、「仕事では英語が必要なくても、日常的に英会話などに取り組むと、仕事のモチベーションにもいい影響が出る」と答えた方は6割を超えました。

人材確保が重要課題となるこれからの時代、社員も英語学習に意欲的なら、積極的に英語学習の場を提供していく必要があります。本資料では、アンケート調査を元に、企業が福利厚生としてどのような英語研修を行うべきかをまとめました。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社レアジョブに情報が提供されます

概要

「グローバル化」の重要性が叫ばれる昨今ですが、帝国データバンクの調査によると、日本企業の海外進出率は24.7%ほどにとどまっています。そして今後のグローバル化の課題として、英語人材の確保が最重要となりますが、採用難が加速する中、英語を使える人材を今のうちに社内にプールすることが理想ではないでしょうか。

BizHint会員にアンケートを行ったところ、ほとんどの社会人が英会話を利用していないが、4割近くは福利厚生での英語学習に意欲的でした。さらに、「仕事では英語が必要なくても、日常的に英会話などに取り組むと、仕事のモチベーションにもいい影響が出る」と答えた方は6割を超えました。

人材確保が重要課題となるこれからの時代、社員も英語学習に意欲的なら、積極的に英語学習の場を提供していく必要があります。本資料では、アンケート調査を元に、企業が福利厚生としてどのような英語研修を行うべきかをまとめました。

ブックマークしました