新卒採用スケジュールが激変。オンラインも検討すべき理由とは

キミスカ

概要

有効求人倍率が 1.83 倍( 2020 年卒)、従業員 300 人規模未満 の中小・ベンチャー企業では 8.62 倍となっており、学生にとって余裕のある就職活動が行えるはずが、なぜ学生の動きが早期化しているのでしょうか。 その背景には、不安を抱えながら就職活動に挑む学生がなんと7割もいるため、できるだけ早期に企業とのつながりを求める傾向にあります。その切り口としてインターンに参加する学生が増えており、就職する2年以上も前から就活を開始している学生も少なくないのです。しかし、ただ単に時期を早めるのではうまくいきません。学生の動きや気持ちを理解し、自社に合った採用スケジュールを組んでいくことが採用成功への近道となります。

今回は、早い段階で学生のハートを掴み、22卒採用を成功に導くスケジュールと準備すべきことについてご紹介いたします。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社グローアップに情報が提供されることに同意して

概要

有効求人倍率が 1.83 倍( 2020 年卒)、従業員 300 人規模未満 の中小・ベンチャー企業では 8.62 倍となっており、学生にとって余裕のある就職活動が行えるはずが、なぜ学生の動きが早期化しているのでしょうか。 その背景には、不安を抱えながら就職活動に挑む学生がなんと7割もいるため、できるだけ早期に企業とのつながりを求める傾向にあります。その切り口としてインターンに参加する学生が増えており、就職する2年以上も前から就活を開始している学生も少なくないのです。しかし、ただ単に時期を早めるのではうまくいきません。学生の動きや気持ちを理解し、自社に合った採用スケジュールを組んでいくことが採用成功への近道となります。

今回は、早い段階で学生のハートを掴み、22卒採用を成功に導くスケジュールと準備すべきことについてご紹介いたします。

ブックマークしました