あなたの会社は大丈夫?テレワークで目が届きにくい不正リスクをなくすには?

Dr.経費精算

概要

新型コロナウイルスの影響により、テレワークに切り替える企業は日々増加しています。しかし現状のテレワークでは、立替経費の精算業務がスムーズに行なえなかったり、正当な目的のために利用した経費であるかを判断しづらい場面に多く遭遇します。このような場面で、懸念される一つに経費精算の「不正」があります。経費を精査する時間を割くには難しいですが、このまま曖昧にしていると、気づいたら不適切に経費が使い込まれるだけでなく、脱税なんて可能性も…。従業員のキャッシュマネジメント、財務管理をいかに効率化するかが求められています。

今回は、不正にありがちな「①クレジットカードの私的利用」「②交通費の水増し」「③領収書の金額改ざん」の3つの例をもとに、不正の「機会」をなくす経費精算の運用フローについてお伝えいたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社BearTailに情報が提供されます

概要

新型コロナウイルスの影響により、テレワークに切り替える企業は日々増加しています。しかし現状のテレワークでは、立替経費の精算業務がスムーズに行なえなかったり、正当な目的のために利用した経費であるかを判断しづらい場面に多く遭遇します。このような場面で、懸念される一つに経費精算の「不正」があります。経費を精査する時間を割くには難しいですが、このまま曖昧にしていると、気づいたら不適切に経費が使い込まれるだけでなく、脱税なんて可能性も…。従業員のキャッシュマネジメント、財務管理をいかに効率化するかが求められています。

今回は、不正にありがちな「①クレジットカードの私的利用」「②交通費の水増し」「③領収書の金額改ざん」の3つの例をもとに、不正の「機会」をなくす経費精算の運用フローについてお伝えいたします。

ブックマークしました