成長率20%の企業が、人手不足でも生産性を高め続けられる理由とは?

マネーフォワードクラウド勤怠

概要

働き方改革関連法が施行されて一年。企業は法改正への対応や生産性を向上させるための活動に追われました。そんな中、成長率20%を達成している企業はクラウド型ソフトの導入率が高いことがわかりました。人手と時間がかかっていた業務をクラウド型ソフトで効率化することが明暗を分けたと言えます。また、昨今の情勢によりテレワークを導入する企業は増加傾向にあり、クラウド型ソフトを活用していれば出社せずに対応が可能になります。

今回は、バックオフィスの改善で働き方改革を進めるために、クラウドを導入すべき理由とメリットについてご紹介いたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社マネーフォワードに情報が提供されることに同意して

概要

働き方改革関連法が施行されて一年。企業は法改正への対応や生産性を向上させるための活動に追われました。そんな中、成長率20%を達成している企業はクラウド型ソフトの導入率が高いことがわかりました。人手と時間がかかっていた業務をクラウド型ソフトで効率化することが明暗を分けたと言えます。また、昨今の情勢によりテレワークを導入する企業は増加傾向にあり、クラウド型ソフトを活用していれば出社せずに対応が可能になります。

今回は、バックオフィスの改善で働き方改革を進めるために、クラウドを導入すべき理由とメリットについてご紹介いたします。

ブックマークしました