今後も続く「新卒採用難時代」企業はどう向き合うべきか

dodaキャンパス

概要

労働人口が減少し、人手不足が深刻化する昨今、新卒採用市場も有効求人倍率は高止まりし、企業の人材獲得競争は激しさを増しています。多くの企業では以前よりも早い段階から内定出しをするため、選考辞退・内定辞退のリスクに向き合わなければならなくなりました。このリスクを抑え採用難を乗り切るには、自社にマッチした候補者をより多く集める「量と質」を兼ね備えた「母集団形成」が非常に重要なポイントになってきます。

母集団形成の段階から他社に打ち勝ち、理想の学生を獲得するためにはどのような手法があるでしょうか。

そこで本資料では、このような母集団形成の課題を解決し、理想の学生との接点を拡大させる逆求人型就活サービス『dodaキャンパス』ついてご紹介しております。採用担当者様はぜひ、ご一読ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、使える「打ち手」が見つかるビジネスメディア「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ベネッセi-キャリアに情報が提供されます

概要

労働人口が減少し、人手不足が深刻化する昨今、新卒採用市場も有効求人倍率は高止まりし、企業の人材獲得競争は激しさを増しています。多くの企業では以前よりも早い段階から内定出しをするため、選考辞退・内定辞退のリスクに向き合わなければならなくなりました。このリスクを抑え採用難を乗り切るには、自社にマッチした候補者をより多く集める「量と質」を兼ね備えた「母集団形成」が非常に重要なポイントになってきます。

母集団形成の段階から他社に打ち勝ち、理想の学生を獲得するためにはどのような手法があるでしょうか。

そこで本資料では、このような母集団形成の課題を解決し、理想の学生との接点を拡大させる逆求人型就活サービス『dodaキャンパス』ついてご紹介しております。採用担当者様はぜひ、ご一読ください。

ブックマークしました