「コスト削減」だけに頼らない不況下の本質的マーケティング手法とは?

Repro

概要

新型コロナウイルスの世界的流行により、ほとんどの産業で市況が悪化しており、企業はマーケティングプランの再考を迫られています。この不況はかつての「リーマンショック」に匹敵するともいわれており、先行きは不透明です。

しかしながら、そんな厳しい状況の中でもナイキは、中国市場のECで売り上げを30%増加することに成功しました。その秘訣は、不況で企業が真っ先に削りがちなマーケティングコストをただ単に抑えるのではなく、CRM(顧客関係管理)やリターゲティング施策を通して既存顧客のエンゲージメントを徹底しの売上最大化につなげたことにありました。

本書では、「アフターコロナ」の新潮流を先読みし、コスト削減と収益を両立させるマーケティング施策についてご紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Repro株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルスの世界的流行により、ほとんどの産業で市況が悪化しており、企業はマーケティングプランの再考を迫られています。この不況はかつての「リーマンショック」に匹敵するともいわれており、先行きは不透明です。

しかしながら、そんな厳しい状況の中でもナイキは、中国市場のECで売り上げを30%増加することに成功しました。その秘訣は、不況で企業が真っ先に削りがちなマーケティングコストをただ単に抑えるのではなく、CRM(顧客関係管理)やリターゲティング施策を通して既存顧客のエンゲージメントを徹底しの売上最大化につなげたことにありました。

本書では、「アフターコロナ」の新潮流を先読みし、コスト削減と収益を両立させるマーケティング施策についてご紹介します。

ブックマークしました