大企業の8割が「前向き」…コロナ下で急増する“法務のIT化”

LegalForce

概要

日本経済新聞電子版の記事によると、今、大企業の8割が法務のIT化に前向きだといいます。背景には、司法試験の合格者が年々減少傾向にあり、法務人材の需要に追い付かなくなってきていることや、テレワークの状況下において、業務の品質やスピードを維持することが困難になっていることがあげられます。

そこで注目されているのが法務業務を代替・手助けするテクノロジー「リーガルテック」です。中でも「契約書作成やチェック」に関するサービスが期待を集めています。

本資料では、リーガルテックについての解説と、これからの法務の業務課題を解決するツール「LegalForce」についてご紹介します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社LegalOn Technologiesに情報が提供されること、

概要

日本経済新聞電子版の記事によると、今、大企業の8割が法務のIT化に前向きだといいます。背景には、司法試験の合格者が年々減少傾向にあり、法務人材の需要に追い付かなくなってきていることや、テレワークの状況下において、業務の品質やスピードを維持することが困難になっていることがあげられます。

そこで注目されているのが法務業務を代替・手助けするテクノロジー「リーガルテック」です。中でも「契約書作成やチェック」に関するサービスが期待を集めています。

本資料では、リーガルテックについての解説と、これからの法務の業務課題を解決するツール「LegalForce」についてご紹介します。

ブックマークしました