「採用オンライン化」の実態調査

HRMOS採用

概要

Withコロナ時代の最中、リモートワークや在宅勤務が普及しつつありますが、「採用活動のオンライン化」は実際どれくらい進んでいるのでしょうか?

そこで株式会社ビズリーチでは、企業の人事担当者約650名に 「採用のオンライン化に関するアンケ ート」を実施。対応中・検討中を含め7割を超える企業が、採用のオンライン化に向かっていることがわかりました。中でも6割以上が「メリットのほうが大きい」と回答し、遠方の候補者との接点拡大や、面接等の工数削減・選考のスピード向上に効果を感じていることも分かりました。採用活動に限らずWeb会議やオンライン商談の機会も増えており、ますますこの傾向は強くなっていくことが予想されます。

 本資料では、オンライン採用についてのアンケート結果を分析しながら、今後の採用活動のあり方について考えます。これから予定されている選考の一助としてお役立てください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社ビズリーチに情報が提供されることに同意して

概要

Withコロナ時代の最中、リモートワークや在宅勤務が普及しつつありますが、「採用活動のオンライン化」は実際どれくらい進んでいるのでしょうか?

そこで株式会社ビズリーチでは、企業の人事担当者約650名に 「採用のオンライン化に関するアンケ ート」を実施。対応中・検討中を含め7割を超える企業が、採用のオンライン化に向かっていることがわかりました。中でも6割以上が「メリットのほうが大きい」と回答し、遠方の候補者との接点拡大や、面接等の工数削減・選考のスピード向上に効果を感じていることも分かりました。採用活動に限らずWeb会議やオンライン商談の機会も増えており、ますますこの傾向は強くなっていくことが予想されます。

 本資料では、オンライン採用についてのアンケート結果を分析しながら、今後の採用活動のあり方について考えます。これから予定されている選考の一助としてお役立てください。

ブックマークしました