withコロナ時代の「はんこ出社」をめぐる話題と、テレワーク推進を妨げる出社要因の解説

SmartHR

概要

新型コロナウイルスの感染症の発生に伴い、患者・感染者との接触機会を減らす観点から、テレワークを活用する企業が増加しました。

しかし、テレワークの妨げとなっているのが、「対面原則」「書面原則」「押印原則」です。企業の現場では、いわゆる「はんこ出社(書類にはんこを押すための出社)」を余儀なくされる実態が浮き彫りになっています。

本資料では、押印関連の議論がどのように起こってきたかの振り返りと、テレワーク導入を妨げる具体的な対応書類の解説、今後の押印関連の流れの予想などを解説します。

この資料でわかること

  • 押印関連の議論はどのように進んできたのか
  • テレワーク推進の妨げとなっている出社要因は何なのか?
  • 押印関連の今後の流れと、今、企業がやるべきこと

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルスの感染症の発生に伴い、患者・感染者との接触機会を減らす観点から、テレワークを活用する企業が増加しました。

しかし、テレワークの妨げとなっているのが、「対面原則」「書面原則」「押印原則」です。企業の現場では、いわゆる「はんこ出社(書類にはんこを押すための出社)」を余儀なくされる実態が浮き彫りになっています。

本資料では、押印関連の議論がどのように起こってきたかの振り返りと、テレワーク導入を妨げる具体的な対応書類の解説、今後の押印関連の流れの予想などを解説します。

この資料でわかること

  • 押印関連の議論はどのように進んできたのか
  • テレワーク推進の妨げとなっている出社要因は何なのか?
  • 押印関連の今後の流れと、今、企業がやるべきこと
ブックマークしました