ナレッジワーカー意識調査

slack

概要

テクノロジーの登場で、ナレッジワーカー(知識労働者)の働き方は大きく変わりました。今や働く場所の概念は広がり、コミュニケーションの方法は変わり、人が画面の前で仕事をする時間は大幅に増えています。また多くの作業が自動化されているなか、課題解決力やチームで仕事を進めていくためのコミュニケーション力など、いわゆる「ヒューマンスキル」が今後ますます重要になってきています。

そんなナレッジワーカーの実態について詳しく知るべく、Slack では世界10カ国の17,000人に対して調査を実施。そのなかで日本の回答者1,000人に注目したところ、「自社の生産性は低い」と回答した日本のナレッジワーカーは調査国全体平均の約4倍にも上るという興味深い結果が得られました。日本の労働生産性の低さについては以前から指摘されていますが、実際に「自社の生産性」について問われた調査でここまでの差がついたことは驚くべきことです。

そこでこのミニレポートでは、生産性の低さを招く関連要因を掘り下げるとともに、「自社の生産性が高い」と回答したナレッジワーカーの共通点を探ることで、今後日本企業の生産性を上げるためにできることを具体的に紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Slack Japan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

テクノロジーの登場で、ナレッジワーカー(知識労働者)の働き方は大きく変わりました。今や働く場所の概念は広がり、コミュニケーションの方法は変わり、人が画面の前で仕事をする時間は大幅に増えています。また多くの作業が自動化されているなか、課題解決力やチームで仕事を進めていくためのコミュニケーション力など、いわゆる「ヒューマンスキル」が今後ますます重要になってきています。

そんなナレッジワーカーの実態について詳しく知るべく、Slack では世界10カ国の17,000人に対して調査を実施。そのなかで日本の回答者1,000人に注目したところ、「自社の生産性は低い」と回答した日本のナレッジワーカーは調査国全体平均の約4倍にも上るという興味深い結果が得られました。日本の労働生産性の低さについては以前から指摘されていますが、実際に「自社の生産性」について問われた調査でここまでの差がついたことは驚くべきことです。

そこでこのミニレポートでは、生産性の低さを招く関連要因を掘り下げるとともに、「自社の生産性が高い」と回答したナレッジワーカーの共通点を探ることで、今後日本企業の生産性を上げるためにできることを具体的に紹介します。

ブックマークしました