これからの働き方にフィットするフレキシブルオフィスとは?

WeWork

概要

テレワーク環境下で以下のような課題感をお持ちの経営者・人事・総務の方も多いのではないでしょうか?

  • 在宅勤務が進み、不要なオフィススペースで固定費がかさむ
  • 在宅勤務で生産性が落ちる従業員もいるがオフィスを全員に解放できない
  • 感染リスクを避けるため、従業員の移動距離・時間をなるべく減らしたい

これらの課題に対応するため、自社専有オフィスの圧縮や、各従業員の職務内容や家庭環境により働く場所を使い分ける「多拠点分散型」の働き方の導入を進める企業も増えてきています。

「We Passport」なら、国内6都市30拠点のWeWork共有オフィスを自由に使うことができ、オフィス固定費の低減と柔軟な働き方を同時に実現することが可能です。

テレワーク時代の働き方にご興味をお持ちの方はぜひご確認ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

WeWork Japan 合同会社に情報が提供されること、

概要

テレワーク環境下で以下のような課題感をお持ちの経営者・人事・総務の方も多いのではないでしょうか?

  • 在宅勤務が進み、不要なオフィススペースで固定費がかさむ
  • 在宅勤務で生産性が落ちる従業員もいるがオフィスを全員に解放できない
  • 感染リスクを避けるため、従業員の移動距離・時間をなるべく減らしたい

これらの課題に対応するため、自社専有オフィスの圧縮や、各従業員の職務内容や家庭環境により働く場所を使い分ける「多拠点分散型」の働き方の導入を進める企業も増えてきています。

「We Passport」なら、国内6都市30拠点のWeWork共有オフィスを自由に使うことができ、オフィス固定費の低減と柔軟な働き方を同時に実現することが可能です。

テレワーク時代の働き方にご興味をお持ちの方はぜひご確認ください。

ブックマークしました