経年変化からみる働き方改革の「意識」と「実態」

Sansan

概要

2020年4月、先行して大手企業に施行されていた「働き方改革関連法」が、中小企業に対しても義務化されました。

この法令施行に加え、昨今のコロナウイルス感染拡大などの影響で、日本のビジネスパーソンの働き方が大きく変わる局面にあると言えるでしょう。このような状況があるなか、従来から行われてきた働き方改革について、ビジネスパーソンはどのように捉えているのでしょうか。

Sansanは、2020年に実施した働き方に関する意識・実態調査※1を元に、過去に実施した同様の調査結果(17年、18年)と比較しながら、働き方改革の「いま」と「これから」についてまとめました。働き方のいまを知ることで、これから何をすべきなのか、調査結果から探っていきましょう。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

2020年4月、先行して大手企業に施行されていた「働き方改革関連法」が、中小企業に対しても義務化されました。

この法令施行に加え、昨今のコロナウイルス感染拡大などの影響で、日本のビジネスパーソンの働き方が大きく変わる局面にあると言えるでしょう。このような状況があるなか、従来から行われてきた働き方改革について、ビジネスパーソンはどのように捉えているのでしょうか。

Sansanは、2020年に実施した働き方に関する意識・実態調査※1を元に、過去に実施した同様の調査結果(17年、18年)と比較しながら、働き方改革の「いま」と「これから」についてまとめました。働き方のいまを知ることで、これから何をすべきなのか、調査結果から探っていきましょう。

ブックマークしました