電子帳簿保存法から考える新時代の経費精算とは?

RECEIPT POST

概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を機に、テレワーク等が推奨され、毎日出社することを前提とした働き方からの脱却が否応なく求められています。一方で、2020年10月改正の「電子帳簿保存法」を皮切りに紙の領収書が不要となり、企業のペーパーレス化も加速されようとしています。これらの改革を追い風に、普段検討・決裁が後回しにされがちな業務効率化やシステム導入を一気に進めるチャンスでもあるのではないでしょうか。

本紙では、後回しにされがちな筆頭格の「経費精算」を切り口に、働き方改革のヒントを示します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社BearTailに情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を機に、テレワーク等が推奨され、毎日出社することを前提とした働き方からの脱却が否応なく求められています。一方で、2020年10月改正の「電子帳簿保存法」を皮切りに紙の領収書が不要となり、企業のペーパーレス化も加速されようとしています。これらの改革を追い風に、普段検討・決裁が後回しにされがちな業務効率化やシステム導入を一気に進めるチャンスでもあるのではないでしょうか。

本紙では、後回しにされがちな筆頭格の「経費精算」を切り口に、働き方改革のヒントを示します。

ブックマークしました