今、企業が検討すべき「これからのオフィス戦略」とは?

WeWork

概要

ここ数か月、在宅勤務やリモートワークといった、新しい働き方が急速に普及しました。

それにより、各企業で働き方やオフィスを見直す動きが強まっています。

実際に、6割以上の企業が、オフィスの見直しを実施済み、もしくは実施を予定しています。

これからのオフィスには、「無駄なコストや事業継続に対するリスクを最小限に抑えながら、従業員の柔軟な働き方を実現すること」が求められています。

この度、皆さまのオフィス見直しに役立てればと、今後のオフィスに必要な3つの要素をまとめた資料をお届けします。

以下のような課題をお持ちの経営者・人事総務の方は、是非ご確認ください。

  • 利用頻度の減ったオフィスの費用を抑えたい
  • オフィス分散などで事業継続性を高めたい
  • 従業員の多様な働き方を支援したい

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

WeWork Japan 合同会社に情報が提供されること、

概要

ここ数か月、在宅勤務やリモートワークといった、新しい働き方が急速に普及しました。

それにより、各企業で働き方やオフィスを見直す動きが強まっています。

実際に、6割以上の企業が、オフィスの見直しを実施済み、もしくは実施を予定しています。

これからのオフィスには、「無駄なコストや事業継続に対するリスクを最小限に抑えながら、従業員の柔軟な働き方を実現すること」が求められています。

この度、皆さまのオフィス見直しに役立てればと、今後のオフィスに必要な3つの要素をまとめた資料をお届けします。

以下のような課題をお持ちの経営者・人事総務の方は、是非ご確認ください。

  • 利用頻度の減ったオフィスの費用を抑えたい
  • オフィス分散などで事業継続性を高めたい
  • 従業員の多様な働き方を支援したい
ブックマークしました