年末調整電子化に向けて備えておくべきこと

SmartHR

概要

今年10月からついに、年末調整手続きの電子化が実施されます。これまで「年末調整業務」といえば、 従業員への書類の配付や回収、チェックなど煩雑な業務が多く、担当者に大きな負荷がかかっていました。また、長引く新型コロナウイルスへの対応としても、出社せずに年末調整を終えることが求められています。

今のうちから手続きの電子化準備を進め、毎年苦労している年末調整業務を最大限効率化しましょう。

本資料では、年末調整手続きの電子化について 、施策概要・導入に向けたポイントをご紹介します 。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

今年10月からついに、年末調整手続きの電子化が実施されます。これまで「年末調整業務」といえば、 従業員への書類の配付や回収、チェックなど煩雑な業務が多く、担当者に大きな負荷がかかっていました。また、長引く新型コロナウイルスへの対応としても、出社せずに年末調整を終えることが求められています。

今のうちから手続きの電子化準備を進め、毎年苦労している年末調整業務を最大限効率化しましょう。

本資料では、年末調整手続きの電子化について 、施策概要・導入に向けたポイントをご紹介します 。

ブックマークしました