「クラウドERP freee」で全社最適を始める方法

クラウドERP freee

概要

業務ごとに使用するツールが異なっていて、会計データと業務データが連携していないために、経営レポートの作成に多大な時間を要する…このような業務のムダ、あなたの会社でもありませんか?

バックオフィスの全社最適化を実現すれば業務の効率化だけでなく、資金繰りをリアルタイムで把握し、倒産リスクを最小化できる、などのメリットがあります。

重要なのは、売上や仕入れの管理、経費精算や人件費などの「会計」から逆算して全社業務を考えること。本資料では、システムごとにバラバラになっているデータをAPI連携し、スピード経営を可能にする「クラウドERP freee」について説明します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

業務ごとに使用するツールが異なっていて、会計データと業務データが連携していないために、経営レポートの作成に多大な時間を要する…このような業務のムダ、あなたの会社でもありませんか?

バックオフィスの全社最適化を実現すれば業務の効率化だけでなく、資金繰りをリアルタイムで把握し、倒産リスクを最小化できる、などのメリットがあります。

重要なのは、売上や仕入れの管理、経費精算や人件費などの「会計」から逆算して全社業務を考えること。本資料では、システムごとにバラバラになっているデータをAPI連携し、スピード経営を可能にする「クラウドERP freee」について説明します。

ブックマークしました