秋口の人手不足問題「103万円の壁」、企業はどう乗り越える?

Timee

概要

毎年10~11月になると、「パートさんが"103万円の壁"によりシフトに穴が開きがち」「人が欲しくても採用ができる状況ではない」といった、人材不足とコスト削減についてのお悩みが増加します。

毎年抱えるこのお悩み、今年はコロナの影響によりさらに顕著になる傾向が予想されます。「コロナの影響で極力少数でシフトを回していた」「お子様の夏休みが短縮され、いつもより長く働いてしまったパートさんの増加」「コロナ期に需要が伸び、例年よりも働いてしまった」など、例年に比べ、シフト調整に大きな変化が起きているからです。

本資料では、人材不足とコスト調整について今年はどう対策すべきかを3つのポイントにまとめご紹介いたします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社タイミーに情報が提供されることに同意して

概要

毎年10~11月になると、「パートさんが"103万円の壁"によりシフトに穴が開きがち」「人が欲しくても採用ができる状況ではない」といった、人材不足とコスト削減についてのお悩みが増加します。

毎年抱えるこのお悩み、今年はコロナの影響によりさらに顕著になる傾向が予想されます。「コロナの影響で極力少数でシフトを回していた」「お子様の夏休みが短縮され、いつもより長く働いてしまったパートさんの増加」「コロナ期に需要が伸び、例年よりも働いてしまった」など、例年に比べ、シフト調整に大きな変化が起きているからです。

本資料では、人材不足とコスト調整について今年はどう対策すべきかを3つのポイントにまとめご紹介いたします。

ブックマークしました