働かせすぎは罰則も!労働時間、どう管理するのが正解?

クラウドERP freee

概要

労働者の安全と健康を守るために施行された「働き方改革」で特に注目すべき点は、違反すると罰則(6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)が科せられる長時間労働防止の項目です。そのため、①残業時間の上限規制や②有給休暇の取得義務化、③労働時間の客観的把握義務の3項目については早急に対応しなければなりません。

罰則が科せられる事により一層厳しく管理をしなければならない勤怠管理ですが、業務やシステムごとに管理にばらつきが生じてしまう場合が多々あります。本資料では、散乱しているあらゆる人事情報を一括管理する方法をご紹介しています。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

労働者の安全と健康を守るために施行された「働き方改革」で特に注目すべき点は、違反すると罰則(6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)が科せられる長時間労働防止の項目です。そのため、①残業時間の上限規制や②有給休暇の取得義務化、③労働時間の客観的把握義務の3項目については早急に対応しなければなりません。

罰則が科せられる事により一層厳しく管理をしなければならない勤怠管理ですが、業務やシステムごとに管理にばらつきが生じてしまう場合が多々あります。本資料では、散乱しているあらゆる人事情報を一括管理する方法をご紹介しています。

ブックマークしました