勤怠管理しない会社はどうなる…?リスクや違法性を解説

マネーフォワードクラウド勤怠

概要

働き方改革関連法の一環で昨年から大企業で行われていた残業時間の上限規制が、今年4月から中小企業にも適用されています。

特に注意すべき点は、法改正で残業や有給休暇の管理基準が以前と変わっています。人事や採用に関わる経営者や担当者は、「これまでと何が変わるのか?」「法令違反の場合、どのような経営リスクがあるのか?」「適切な残業・有給管理のポイントとは何か?」など、気になることが多いのではないでしょうか。法令違反になると、行政指導に留まらず、企業ブランドを傷つける要因になりますので、残業時間や有給休暇の管理を適切に行う必要があります。

そこで今回は、勤怠管理における課題について「マネーフォワード クラウド勤怠」を活用した解決方法をわかりやすくご紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社マネーフォワードに情報が提供されることに同意して

概要

働き方改革関連法の一環で昨年から大企業で行われていた残業時間の上限規制が、今年4月から中小企業にも適用されています。

特に注意すべき点は、法改正で残業や有給休暇の管理基準が以前と変わっています。人事や採用に関わる経営者や担当者は、「これまでと何が変わるのか?」「法令違反の場合、どのような経営リスクがあるのか?」「適切な残業・有給管理のポイントとは何か?」など、気になることが多いのではないでしょうか。法令違反になると、行政指導に留まらず、企業ブランドを傷つける要因になりますので、残業時間や有給休暇の管理を適切に行う必要があります。

そこで今回は、勤怠管理における課題について「マネーフォワード クラウド勤怠」を活用した解決方法をわかりやすくご紹介します。

ブックマークしました