マネーフォワード勤怠で働き方改革

マネーフォワードクラウド給与

概要

2019年4月から施行されている『働き方改革関連法案』。これによって従業員の正確な勤怠情報を把握することが義務化され、勤怠管理に手間を感じている人事担当者も多いのではないでしょうか。

制度の中には、残業時間の上限を規制、1人1年あたり5日間の年次有給の取得を義務付け、フレックスタイム制の拡充、高度プロフェッショナル制度の新設など、勤怠管理の面でも対応すべき点があります。これらの業務改善に対応するため、労務担当者への負荷がより多くなっているのが現状です。そのような中で、企業がどのような取り組みをしていくかがポイントとなってきます。

管理者にとってはこの確認・修正が手間のかかる業務の一つになります。今回は、人事担当者が抱えている勤怠管理における課題ごとにを抽出し、「マネーフォワード クラウド勤怠」を活用した解決方法をわかりやすくご紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社マネーフォワードに情報が提供されることに同意して

概要

2019年4月から施行されている『働き方改革関連法案』。これによって従業員の正確な勤怠情報を把握することが義務化され、勤怠管理に手間を感じている人事担当者も多いのではないでしょうか。

制度の中には、残業時間の上限を規制、1人1年あたり5日間の年次有給の取得を義務付け、フレックスタイム制の拡充、高度プロフェッショナル制度の新設など、勤怠管理の面でも対応すべき点があります。これらの業務改善に対応するため、労務担当者への負荷がより多くなっているのが現状です。そのような中で、企業がどのような取り組みをしていくかがポイントとなってきます。

管理者にとってはこの確認・修正が手間のかかる業務の一つになります。今回は、人事担当者が抱えている勤怠管理における課題ごとにを抽出し、「マネーフォワード クラウド勤怠」を活用した解決方法をわかりやすくご紹介します。

ブックマークしました