中小企業の成長を阻む“100人の壁”。見直すべきは?

クラウドERP freee

概要

業務フローの構築には、100名の壁がある、というのをご存知ですか?20~100名規模の企業は、事業成長が最優先になるため、業務が急増します。しかし業務オペレーションの改善にはタイムリミットがあるのです。100名を超えると、人数・業務負荷共に増加し、従業員側のオペレーションを変えることが困難になってきます。

つまり、オペレーションの整備は、従業員が100人になる前にすべきなのです。

本資料では業務効率化と内部統制を両立させる方法について、具体的な進め方やどういったシステムを入れるべきかについてわかりやすく図解します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

業務フローの構築には、100名の壁がある、というのをご存知ですか?20~100名規模の企業は、事業成長が最優先になるため、業務が急増します。しかし業務オペレーションの改善にはタイムリミットがあるのです。100名を超えると、人数・業務負荷共に増加し、従業員側のオペレーションを変えることが困難になってきます。

つまり、オペレーションの整備は、従業員が100人になる前にすべきなのです。

本資料では業務効率化と内部統制を両立させる方法について、具体的な進め方やどういったシステムを入れるべきかについてわかりやすく図解します。

ブックマークしました