反社チェックを自動化 - 営業のロスを軽減

Sansan

概要

契約を締結する際に、自社を守る意味でも重要な反社チェック。コンプライアンス意識の高まりを受けて、必須になりつつありますが、調査を実施する上で課題を感じていませんか。

  • チェックの基準が属人的になってしまっている
  • 商談が進む前の段階でチェックをしたい
  • 人手が足りず、チェック完了までに時間がかかっている

現状のチェック作業はウェブ検索がメイン。多くの場合は、法務部門・コンプライアンス部門の担当者による属人的な作業になるため、業務負荷が高く、チェック漏れのリスクも少なくありません。

本資料では、取り込まれたすべての名刺データに対し、反社会的勢力との関わりを網羅的に検知し、企業のコンプライアンス強化・反射チェックの効率化を実現する方法について解説します。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

Sansan株式会社に情報が提供されること、

概要

契約を締結する際に、自社を守る意味でも重要な反社チェック。コンプライアンス意識の高まりを受けて、必須になりつつありますが、調査を実施する上で課題を感じていませんか。

  • チェックの基準が属人的になってしまっている
  • 商談が進む前の段階でチェックをしたい
  • 人手が足りず、チェック完了までに時間がかかっている

現状のチェック作業はウェブ検索がメイン。多くの場合は、法務部門・コンプライアンス部門の担当者による属人的な作業になるため、業務負荷が高く、チェック漏れのリスクも少なくありません。

本資料では、取り込まれたすべての名刺データに対し、反社会的勢力との関わりを網羅的に検知し、企業のコンプライアンス強化・反射チェックの効率化を実現する方法について解説します。

ブックマークしました