新卒採用における歩留まり改善

OfferBox

概要

人事担当者として働いていれば、採用の歩留まり率に悩みを感じることも多いのではないでしょうか。「想定していたよりも、面接設定から面接実施人数の歩留まりが悪い」「応募数は多いけれど、採用予定人数に満たないから追加の採用活動をしなければ」など、人事の悩みは尽きません。

そのようなときに注目したいポイントのひとつが、「採用プロセス」です。採用プロセスを改善し、最適化していくことは、人材と企業間のミスマッチを軽減し、「理想とする人材の採用」などに役立ちます。では具体的に、採用プロセスを改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで、本資料では、採用の歩留まりを改善するための方法をまとめてご紹介します。


資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社i-plugに情報が提供されることに同意して

概要

人事担当者として働いていれば、採用の歩留まり率に悩みを感じることも多いのではないでしょうか。「想定していたよりも、面接設定から面接実施人数の歩留まりが悪い」「応募数は多いけれど、採用予定人数に満たないから追加の採用活動をしなければ」など、人事の悩みは尽きません。

そのようなときに注目したいポイントのひとつが、「採用プロセス」です。採用プロセスを改善し、最適化していくことは、人材と企業間のミスマッチを軽減し、「理想とする人材の採用」などに役立ちます。では具体的に、採用プロセスを改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで、本資料では、採用の歩留まりを改善するための方法をまとめてご紹介します。


ブックマークしました