21億の経済損失もありえる「顧客データ危機」を防ぐ方法

Sansan

概要

新型コロナウイルスの影響により、ビジネスのオンラインシフトが加速するなか、顧客データを蓄積・管理・活用できなくなったビジネスパーソンが増加する一方で、顧客データの情報源である名刺の交換枚数の減少がもたらす影響は、1企業あたり平均経済損失額が年間約21.5億円と推計されました。

ビジネスのオンライン化が加速する中、人との出会い方も多様化していき、これからはオフライン・オンライン双方の顧客の「名刺情報」をしっかりと蓄積し活用する「ハイブリッド顧客基盤」の構築が、顧客データの枯渇を回避するために必要不可欠です。

本資料では、ビジネスパーソンによる顧客データ管理の実態に関する調査結果や、顧客データ基盤の構築についてまとめて紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナウイルスの影響により、ビジネスのオンラインシフトが加速するなか、顧客データを蓄積・管理・活用できなくなったビジネスパーソンが増加する一方で、顧客データの情報源である名刺の交換枚数の減少がもたらす影響は、1企業あたり平均経済損失額が年間約21.5億円と推計されました。

ビジネスのオンライン化が加速する中、人との出会い方も多様化していき、これからはオフライン・オンライン双方の顧客の「名刺情報」をしっかりと蓄積し活用する「ハイブリッド顧客基盤」の構築が、顧客データの枯渇を回避するために必要不可欠です。

本資料では、ビジネスパーソンによる顧客データ管理の実態に関する調査結果や、顧客データ基盤の構築についてまとめて紹介します。

ブックマークしました