人事評価にシステムを使うべき3つの理由

HRBrain

概要

目標から評価の管理は人事の大切な業務の一つですが、紙やExcelなど、アナログな方法で管理している企業もまだまだ少なくありません。中には制度自体がない、整備できていないという企業もあります。「まだ評価制度が必要な段階に来ていない」「従業員数が少ないからExcelで充分」「ずっと同じ方法で 管理できていたので、そんなに不自由を感じていない」など、理由は様々です。

今までそれで回せてきたのだから、管理方法を変える必要はないと思っていませんか?うまくいっているように見えても、現場にはかなりの負担がかかっているのではないでしょうか。

そこで本資料では、業務効率化に役立つ、人事評価システムの基礎知識、どのくらいの規模から使い始めるべきか、などをまとめた人事にシステムを使うべき3つの理由をご紹介いたします。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには次の項目をご入力ください

STEP

1

2

3

4

ご入力内容に虚偽や不正がある場合、ご利用を停止させていただく場合がありますのでご注意ください。
戻る

受け取るニュースレターを選択してください

STEP

1

2

3

4

以下のニュースレター(広告を含む)は自動で配信させていただいております。これはBizHintが主に広告収入で運営されているためです。登録後の解除は可能ですのでご安心ください。

株式会社HRBrainに情報が提供されること、

概要

目標から評価の管理は人事の大切な業務の一つですが、紙やExcelなど、アナログな方法で管理している企業もまだまだ少なくありません。中には制度自体がない、整備できていないという企業もあります。「まだ評価制度が必要な段階に来ていない」「従業員数が少ないからExcelで充分」「ずっと同じ方法で 管理できていたので、そんなに不自由を感じていない」など、理由は様々です。

今までそれで回せてきたのだから、管理方法を変える必要はないと思っていませんか?うまくいっているように見えても、現場にはかなりの負担がかかっているのではないでしょうか。

そこで本資料では、業務効率化に役立つ、人事評価システムの基礎知識、どのくらいの規模から使い始めるべきか、などをまとめた人事にシステムを使うべき3つの理由をご紹介いたします。

ブックマークしました