中小企業の働き方改革・業務効率化を効果的に進めよう! ロードマップの作り方

クラウドERP freee

概要

2021年4月からは中小企業にも同一労働同一賃金対応が求められるようになりましたが、万全に対応できていますか?中小企業こそ、限られた時間や経営資源を最大限に活用するために、働き方改革を戦略的に行うことが求められています。

「働き方改革の目的」とは、働く人々のニーズの多様化などに対して、多様な働き方を選択可能にすることですが、これを進める上で重要なのがロードマップです。ロードマップを作れば、個人ではなく複数名で取り組むべき内容についての全体像がひと目でわかるため、企業の意思統一が可能になります。

本資料では、働き方改革をスムーズに進める上でのロードマップの作り方を、大きく3点に分けてご紹介いたします。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

2021年4月からは中小企業にも同一労働同一賃金対応が求められるようになりましたが、万全に対応できていますか?中小企業こそ、限られた時間や経営資源を最大限に活用するために、働き方改革を戦略的に行うことが求められています。

「働き方改革の目的」とは、働く人々のニーズの多様化などに対して、多様な働き方を選択可能にすることですが、これを進める上で重要なのがロードマップです。ロードマップを作れば、個人ではなく複数名で取り組むべき内容についての全体像がひと目でわかるため、企業の意思統一が可能になります。

本資料では、働き方改革をスムーズに進める上でのロードマップの作り方を、大きく3点に分けてご紹介いたします。

ブックマークしました