経営を強くするために、絶対に外せない"3つの心得"

SmartHR

概要

「働き方改革」において、労務管理・バックオフィスの改革は不可欠です。しかし、人材・リソース不足などの理由から「そこまで手が回せていない」という企業も多く存在します。とはいえ現状を放置すれば「大切な人材が離れていってしまう…」というジレンマに陥ってしまうことから、限られた経営資源の中であっても、経営者・マネージャー層は改革のための一歩を進めなければなりません。

特に飲食業や小売業のように、パート・アルバイトの流動性が高い業界では、労務管理・バックオフィスの効率の悪さは切実な問題となってきます。管理職・一般社員問わず、労務管理にかかる業務は最小限にして、本来の業務に注力してもらうことが、企業・経営の強化につながります。

本資料では、バックオフィス改革により「働き方改革」を進めながら、それを着実に「経営の強化」に繋げていくために必要な3つの心得を紹介します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

「働き方改革」において、労務管理・バックオフィスの改革は不可欠です。しかし、人材・リソース不足などの理由から「そこまで手が回せていない」という企業も多く存在します。とはいえ現状を放置すれば「大切な人材が離れていってしまう…」というジレンマに陥ってしまうことから、限られた経営資源の中であっても、経営者・マネージャー層は改革のための一歩を進めなければなりません。

特に飲食業や小売業のように、パート・アルバイトの流動性が高い業界では、労務管理・バックオフィスの効率の悪さは切実な問題となってきます。管理職・一般社員問わず、労務管理にかかる業務は最小限にして、本来の業務に注力してもらうことが、企業・経営の強化につながります。

本資料では、バックオフィス改革により「働き方改革」を進めながら、それを着実に「経営の強化」に繋げていくために必要な3つの心得を紹介します。

ブックマークしました