黒字倒産を防ぐポイントはリアルタイムでの予実管理

クラウドERP freee

概要

東京商工リサーチによると、1月22日時点で、新型コロナウイルス感染拡大に関連する負債1000万円以上の経営破たんが900件を超えました。業界ごとの濃淡はあるものの、この状況下ではどの企業も経営破たんのリスクがあると言っても過言ではありません。

特に怖いのが黒字倒産です。特に中小企業は、いつの間にか資金繰りが立ち行かなくなっていた...という事態を防ぐためにも、リアルタイムに予実管理ができる体制を整えておく必要があります。

そこで本資料では、バックオフィス全体を効率化し、黒字倒産を防ぐための業務フローについて解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

東京商工リサーチによると、1月22日時点で、新型コロナウイルス感染拡大に関連する負債1000万円以上の経営破たんが900件を超えました。業界ごとの濃淡はあるものの、この状況下ではどの企業も経営破たんのリスクがあると言っても過言ではありません。

特に怖いのが黒字倒産です。特に中小企業は、いつの間にか資金繰りが立ち行かなくなっていた...という事態を防ぐためにも、リアルタイムに予実管理ができる体制を整えておく必要があります。

そこで本資料では、バックオフィス全体を効率化し、黒字倒産を防ぐための業務フローについて解説します。

ブックマークしました