【社労士が解説】副業・兼業を認めるべき?ガイドラインの内容は

SmartHR

概要

2020年9月、厚生労働省は「副業・兼業の販促に関するガイドライン」を改定し、原則、副業・兼業を認める考え方を示しました。これにより、企業側に不利益とならない限り、従業員は自由に副業などを持つことが許されるようになりました。

働き方の多様化を推進する「副業解禁」ですが、考慮すべきリスクや注意点があります。従業員の副業について労務担当者はどのような管理をすればよいのでしょうか。

本資料では、社労士監修のもと、副業・兼業の基本的な考え方をダイジェスト形式に解説し、労務担当が押さえるべきポイントをご紹介しています。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社SmartHRに情報が提供されることに同意して

概要

2020年9月、厚生労働省は「副業・兼業の販促に関するガイドライン」を改定し、原則、副業・兼業を認める考え方を示しました。これにより、企業側に不利益とならない限り、従業員は自由に副業などを持つことが許されるようになりました。

働き方の多様化を推進する「副業解禁」ですが、考慮すべきリスクや注意点があります。従業員の副業について労務担当者はどのような管理をすればよいのでしょうか。

本資料では、社労士監修のもと、副業・兼業の基本的な考え方をダイジェスト形式に解説し、労務担当が押さえるべきポイントをご紹介しています。

ブックマークしました