パーソナライズされたB2Bバイヤージャーニーを実現する機能のご紹介

Marketo Engage

概要

新しい働く環境に対応するため、多くの企業がクラウドツールなど、新規製品の導入を検討し始めています。導入検討の際、担当者は、まず、自社のニーズに合った製品を見つけるために情報収集を開始しますが、あるデータでは、企業webサイト、製品レビューサイトなど、購買担当者が意思を固めるまでに得た情報のタッチポイントは、平均7.9件ということがわかっています。

しかし、現在では手に入る情報が多すぎるあまり、ジレンマを生み出しているケースも。「手に入る情報はすべて把握しておきたいが、そうすると購買プロセスがスムーズに進まなくなる」、これが買い手側の企業の本音なのです。こうした状況を抜け出す上で有効な1つの方法は、「比較検討から、購入を決断するまでにたどる一連のプロセスを簡単に、快適に歩みを進められるようなバイヤージャーニーを提供すること」です。一体どのような手段があるのか、続きは資料でご覧ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
アドビ株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

新しい働く環境に対応するため、多くの企業がクラウドツールなど、新規製品の導入を検討し始めています。導入検討の際、担当者は、まず、自社のニーズに合った製品を見つけるために情報収集を開始しますが、あるデータでは、企業webサイト、製品レビューサイトなど、購買担当者が意思を固めるまでに得た情報のタッチポイントは、平均7.9件ということがわかっています。

しかし、現在では手に入る情報が多すぎるあまり、ジレンマを生み出しているケースも。「手に入る情報はすべて把握しておきたいが、そうすると購買プロセスがスムーズに進まなくなる」、これが買い手側の企業の本音なのです。こうした状況を抜け出す上で有効な1つの方法は、「比較検討から、購入を決断するまでにたどる一連のプロセスを簡単に、快適に歩みを進められるようなバイヤージャーニーを提供すること」です。一体どのような手段があるのか、続きは資料でご覧ください。

ブックマークしました