ニューノーマル時代に 営業生産性を上げる方法とは

bellFace

概要

エン・ジャパン株式会社の調査では「人材が不足している職種は何ですか?」と尋ねたところ、最も多い回答があったのが営業職でした。また、営業職は日中はほぼ商談をしている一方で、社内会議や日報作成、資料準備などの様々なタスクを抱えているため、残業が多くなってしまいがちです。

働き方改革関連法に基づき制定された、時間外労働の上限規制があるため、一人当たりが使える時間は限られています。人材不足に加え、時間の制限がある中で業績を上げていくには「一人当たりの生産性を高める」他ありません。

本資料では、オンライン商談システム「bellFace」を提供するベルフェイス株式会社が、2019年3月に1,000人の営業職を対象に行った調査結果をご紹介します。「営業職は平均で何時間残業をしているのか」「残業を減らすにあたって、無駄に感じている業務は何か」など、世の営業職の声を参考にしながら、今後の働き方改革の一助となれば幸いです。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
ベルフェイス株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

エン・ジャパン株式会社の調査では「人材が不足している職種は何ですか?」と尋ねたところ、最も多い回答があったのが営業職でした。また、営業職は日中はほぼ商談をしている一方で、社内会議や日報作成、資料準備などの様々なタスクを抱えているため、残業が多くなってしまいがちです。

働き方改革関連法に基づき制定された、時間外労働の上限規制があるため、一人当たりが使える時間は限られています。人材不足に加え、時間の制限がある中で業績を上げていくには「一人当たりの生産性を高める」他ありません。

本資料では、オンライン商談システム「bellFace」を提供するベルフェイス株式会社が、2019年3月に1,000人の営業職を対象に行った調査結果をご紹介します。「営業職は平均で何時間残業をしているのか」「残業を減らすにあたって、無駄に感じている業務は何か」など、世の営業職の声を参考にしながら、今後の働き方改革の一助となれば幸いです。

ブックマークしました