社員の不健康”が生産性を下げる。健康経営に必要なことは?

Carely

概要

従業員の健康に関わる労務管理は「人事にとって厄介な領域」です。働き方改革に伴う法改正やテレワークへの対策など、法令遵守における対応は毎年のように変わっています。

健康に関する法令遵守を徹底するには、人事だけでなく産業医や従業員へのサポートも必要になります。健康経営のためにまず着手すべきことは「健康情報を一元管理」し、現状を把握することです。情報が点在していては、人事の工数増加、ハイリスク者発見の遅れなど、さまざまな場面で問題が発生します。不健康な社員の放置は、最終的に会社全体の生産性を下げ、業績に影響を及ぼしてしまいます。

今回は、健康診断やストレスチェックの結果、残業時間など、必要な情報をすべて一箇所に管理し労務を効率化する「Carely」についてご紹介いたします。

Carely3つの主な特徴

1.健康労務全体のコスト削減

2.健康情報を一元化し、健康労務のペーパーレス化を実現

3.オンライン上でも高度なセキュリティレベルの確保が可能

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社 iCAREに情報が提供されることに同意して

概要

従業員の健康に関わる労務管理は「人事にとって厄介な領域」です。働き方改革に伴う法改正やテレワークへの対策など、法令遵守における対応は毎年のように変わっています。

健康に関する法令遵守を徹底するには、人事だけでなく産業医や従業員へのサポートも必要になります。健康経営のためにまず着手すべきことは「健康情報を一元管理」し、現状を把握することです。情報が点在していては、人事の工数増加、ハイリスク者発見の遅れなど、さまざまな場面で問題が発生します。不健康な社員の放置は、最終的に会社全体の生産性を下げ、業績に影響を及ぼしてしまいます。

今回は、健康診断やストレスチェックの結果、残業時間など、必要な情報をすべて一箇所に管理し労務を効率化する「Carely」についてご紹介いたします。

Carely3つの主な特徴

1.健康労務全体のコスト削減

2.健康情報を一元化し、健康労務のペーパーレス化を実現

3.オンライン上でも高度なセキュリティレベルの確保が可能

ブックマークしました