中小企業の生産性を高める8つの視点とは?

クラウドERP freee

概要

国が提唱している、働き方改革の目的とは、日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「働く人々のニーズの多様化」に対して、多様な働き方を選択できるようにすることです。長時間労働の解消、非正規雇用の待遇改善など、社会の歪を解消するための法令への対応や、テレワーク、副業解禁などの新たな働き方を可能とする社内制度の整備などが必要となるという側面もあります。

ここまで読んで「働き方改革って、大手企業向けの施策ですよね」「内容は理解できたが、直近のうちの会社には関係なさそうだな...」と思った中小企業のみなさま。実はそのご認識、誤っているかもしれません。

本資料では「中小企業の働き方改革」について、業務改善に必要な視点を8つに分け、解説しています。詳しくは資料をご覧ください。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

国が提唱している、働き方改革の目的とは、日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「働く人々のニーズの多様化」に対して、多様な働き方を選択できるようにすることです。長時間労働の解消、非正規雇用の待遇改善など、社会の歪を解消するための法令への対応や、テレワーク、副業解禁などの新たな働き方を可能とする社内制度の整備などが必要となるという側面もあります。

ここまで読んで「働き方改革って、大手企業向けの施策ですよね」「内容は理解できたが、直近のうちの会社には関係なさそうだな...」と思った中小企業のみなさま。実はそのご認識、誤っているかもしれません。

本資料では「中小企業の働き方改革」について、業務改善に必要な視点を8つに分け、解説しています。詳しくは資料をご覧ください。

ブックマークしました