新幹線に例えて学ぶ、業務を「全社最適化」する方法

クラウドERP freee

概要

昨今、中小企業の「人手不足倒産」が深刻化。大企業と比べ人材確保が難しい上に人件費も高騰しているため、中小企業は何より先に全社最適化を行う必要があります。

最適化を実現すれば業務の効率化だけでなく、「経営状況をすぐに把握できる」、「資金繰りを把握し黒字倒産リスクを最小化できる」などのメリットも生まれます。

では、どのように取り組めば良いのでしょうか?

その全体像をつかむヒントは実は「新幹線」にありました。本資料では「全社最適」のイメージをユニークな例えを用いて解説。また様々なバックオフィスの業務効率化の課題を解決する「クラウドERP freee」について解説します。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

昨今、中小企業の「人手不足倒産」が深刻化。大企業と比べ人材確保が難しい上に人件費も高騰しているため、中小企業は何より先に全社最適化を行う必要があります。

最適化を実現すれば業務の効率化だけでなく、「経営状況をすぐに把握できる」、「資金繰りを把握し黒字倒産リスクを最小化できる」などのメリットも生まれます。

では、どのように取り組めば良いのでしょうか?

その全体像をつかむヒントは実は「新幹線」にありました。本資料では「全社最適」のイメージをユニークな例えを用いて解説。また様々なバックオフィスの業務効率化の課題を解決する「クラウドERP freee」について解説します。

ブックマークしました