【調査レポート付】コロナショックに強い会社の"絶対条件"は「デジタル化」

Adobe DC

概要

働き方改革や新型コロナウイルス拡大の影響により、政府がビジネスにおけるデジタル化を推進していますが、実態は、“紙による書類管理” や “ハンコ出社” などから脱却できず、「まだまだうちはデジタル化なんてハードルが高い...」とお考えの企業も多いかも知れません。しかし、デジタル化推進への一歩は難しいことばかりでなく、普段使用しているツール機能を拡張するだけで実現可能です。

多くの企業が、PDFを閲覧したり、資料をPDF化するために、当たり前に使用しているAdobe Acrobat。このツールで更に便利な機能を取りそろえたのがAdobe Acrobat DC。PDF編集やファイル共有、電子署名などの機能を取りそろえており、紙管理を削減し、デジタル化を促進させます。調査結果によると、Adobe Acrobat DCを使用した場合、年間65時間*の節約に成功したと言います。<続きは資料にてご確認ください>

*Acrobat Pro DCのユーザー例

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
アドビ株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

働き方改革や新型コロナウイルス拡大の影響により、政府がビジネスにおけるデジタル化を推進していますが、実態は、“紙による書類管理” や “ハンコ出社” などから脱却できず、「まだまだうちはデジタル化なんてハードルが高い...」とお考えの企業も多いかも知れません。しかし、デジタル化推進への一歩は難しいことばかりでなく、普段使用しているツール機能を拡張するだけで実現可能です。

多くの企業が、PDFを閲覧したり、資料をPDF化するために、当たり前に使用しているAdobe Acrobat。このツールで更に便利な機能を取りそろえたのがAdobe Acrobat DC。PDF編集やファイル共有、電子署名などの機能を取りそろえており、紙管理を削減し、デジタル化を促進させます。調査結果によると、Adobe Acrobat DCを使用した場合、年間65時間*の節約に成功したと言います。<続きは資料にてご確認ください>

*Acrobat Pro DCのユーザー例

ブックマークしました