テレワークの健康管理ガイドライン

Carely

概要

新型コロナ感染拡大により、テレワークを導入する企業が急速に増えました。在宅勤務を制度として導入するか否かは、事業主が労働者等の意向を踏まえ、業務の実態を勘案して判断するものです。

その上で企業は、在宅勤務を希望する労働者の存在等を随時把握し、テレワークの可能な業務の検討を進めておくことが望まれます。

本資料では、雇用型テレワーク制度に着目し、その時代背景と根拠、メリットとデメリットについて解説します。

Carely3つの主な特徴

1.健康労務全体のコスト削減

2.健康情報を一元化し、健康労務のペーパーレス化を実現

3.オンライン上でも高度なセキュリティレベルの確保が可能

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社 iCAREに情報が提供されることに同意して

概要

新型コロナ感染拡大により、テレワークを導入する企業が急速に増えました。在宅勤務を制度として導入するか否かは、事業主が労働者等の意向を踏まえ、業務の実態を勘案して判断するものです。

その上で企業は、在宅勤務を希望する労働者の存在等を随時把握し、テレワークの可能な業務の検討を進めておくことが望まれます。

本資料では、雇用型テレワーク制度に着目し、その時代背景と根拠、メリットとデメリットについて解説します。

Carely3つの主な特徴

1.健康労務全体のコスト削減

2.健康情報を一元化し、健康労務のペーパーレス化を実現

3.オンライン上でも高度なセキュリティレベルの確保が可能

ブックマークしました