社員の英語でのビジネス遂行力、測定・改善できていますか?

Bizmates

概要

企業アンケートによると、約64%の企業で「ビジネス英語を使用する機会がある」と答える一方、社員のビジネス英語力を把握できている企業は約35%ほどに留まります。

ビジネス英語力の把握に使われることが多いのはTOEIC(LR)などが挙げられますが、これらの指標の導入が実際に必要なスキルの測定・導入につながっていると認識している企業は約24%です。

果たして、この指標で社員の英語力は本当に高められるのでしょうか。

本資料では、社員の英語力を適切に把握・測定・改善する方法をご紹介します。御社のビジネス英語スキル向上にぜひお役立て下さい。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
ビズメイツ株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

企業アンケートによると、約64%の企業で「ビジネス英語を使用する機会がある」と答える一方、社員のビジネス英語力を把握できている企業は約35%ほどに留まります。

ビジネス英語力の把握に使われることが多いのはTOEIC(LR)などが挙げられますが、これらの指標の導入が実際に必要なスキルの測定・導入につながっていると認識している企業は約24%です。

果たして、この指標で社員の英語力は本当に高められるのでしょうか。

本資料では、社員の英語力を適切に把握・測定・改善する方法をご紹介します。御社のビジネス英語スキル向上にぜひお役立て下さい。

ブックマークしました