これからの人事労務のあるべき姿

クラウドERP freee

概要

経営判断の速さと正確さが企業の存続を左右することは、新型コロナウイルスにより更に認知されました。企業がリスクに直面した際、迅速な動きの鍵となるのは人事部門です。人に関するデータを武器に、未来を予測した経営に繋がる施策を立てることが求められています。

しかし、採用、給与計算、勤怠など、広範にわたる業務が足かせとなり、経営のための人事部門になれていないのが現状です。その原因は、紙やExcelによる管理、多すぎるマスタ。これでは情報がバラバラで正しく把握できません。

本資料では、そのような状況を打開する方法をご紹介。これからの時代に求められる未来志向の人事労務を作るヒントを掴んで頂ければ幸いです。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

経営判断の速さと正確さが企業の存続を左右することは、新型コロナウイルスにより更に認知されました。企業がリスクに直面した際、迅速な動きの鍵となるのは人事部門です。人に関するデータを武器に、未来を予測した経営に繋がる施策を立てることが求められています。

しかし、採用、給与計算、勤怠など、広範にわたる業務が足かせとなり、経営のための人事部門になれていないのが現状です。その原因は、紙やExcelによる管理、多すぎるマスタ。これでは情報がバラバラで正しく把握できません。

本資料では、そのような状況を打開する方法をご紹介。これからの時代に求められる未来志向の人事労務を作るヒントを掴んで頂ければ幸いです。

ブックマークしました