事業成長を加速させる「データ活用戦略」

Sansan

概要

日々世の中の状況が変化していくなか、継続的な顧客の獲得や売上拡大に向けて、戦略策定と実行に試行錯誤しているBtoB企業も多いのではないでしょうか。企業の成長フェーズごとによって取るべきマーケティング戦略は異なりますが、共通して重要なことは「顧客データの蓄積と集約です。

Sansan株式会社では、スタートアップの創業期は「正しいデータを蓄積しPDCAを回す」ことに重きを置いていましたが、拡大期には「企業単位でデータを収集し、ニーズにあった商材を提案する」ことを重視してきました。しかし、各フェーズにおいて「データ戦略上」の課題が発生し、その都度ツールの活用や独自のテクノロジーを駆使し、解決してきました。

本資料では、Sansan株式会社が実践してきた事例を元に、「データ活用戦略実践のためのエッセンス」をお伝えします。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
Sansan株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

日々世の中の状況が変化していくなか、継続的な顧客の獲得や売上拡大に向けて、戦略策定と実行に試行錯誤しているBtoB企業も多いのではないでしょうか。企業の成長フェーズごとによって取るべきマーケティング戦略は異なりますが、共通して重要なことは「顧客データの蓄積と集約です。

Sansan株式会社では、スタートアップの創業期は「正しいデータを蓄積しPDCAを回す」ことに重きを置いていましたが、拡大期には「企業単位でデータを収集し、ニーズにあった商材を提案する」ことを重視してきました。しかし、各フェーズにおいて「データ戦略上」の課題が発生し、その都度ツールの活用や独自のテクノロジーを駆使し、解決してきました。

本資料では、Sansan株式会社が実践してきた事例を元に、「データ活用戦略実践のためのエッセンス」をお伝えします。

ブックマークしました