500名以下の企業の人事労務部門が、 業務をシステム化する時に考えるべき2つのポイント

クラウドERP freee

概要

人事労務担当者に対して調査した結果「やりたい業務に時間を割けている」と答えた方はわずか34.8%に留まるということがわかりました。それもそのはず、人事業務は広範にわたるため、手が回らない担当者が多いのが現状です。

そこで自動化/効率化を図ろうとするのが一般的な改善案ですが、外部委託やシステム化などには、思わぬ落とし穴があります。例えば、社内の情報収集は外部委託できません。システム化についても、別の課題を抱えています。

そこで本資料では、正しい効率化の方法とその成功事例をご紹介。「効率化したはずが、かえって非効率になってしまった…」となる前に、あらゆる業務を一元管理できるお勧めの方法をご覧ください。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

人事労務担当者に対して調査した結果「やりたい業務に時間を割けている」と答えた方はわずか34.8%に留まるということがわかりました。それもそのはず、人事業務は広範にわたるため、手が回らない担当者が多いのが現状です。

そこで自動化/効率化を図ろうとするのが一般的な改善案ですが、外部委託やシステム化などには、思わぬ落とし穴があります。例えば、社内の情報収集は外部委託できません。システム化についても、別の課題を抱えています。

そこで本資料では、正しい効率化の方法とその成功事例をご紹介。「効率化したはずが、かえって非効率になってしまった…」となる前に、あらゆる業務を一元管理できるお勧めの方法をご覧ください。

ブックマークしました