採用時のリスクを最小化させる「リファレンスチェック入門」

back check

概要

書類選考や面接では分からない候補者の能力を見極めるリファレンスチェック。日本では経歴詐称などを見抜くネガティブなイメージが強いですが、海外では「候補者のことをより深く理解できる」ことから、7割の企業が使用しています。

面接には限界があり、多くの候補者が書類を「盛っている」という事実からも、ミスマッチ削減のために第三者からリファレンスを取る必要性があります。では、具体的にはどのようにリファレンスチェックを行えばよいのでしょうか。

本資料ではリファレンスチェックの基礎的な情報と、具体的な実施方法を詳しくご紹介しています。IT/コンサル/WEBマーケ/広告などの業界で導入が広がっています。類似企業の皆様は是非資料をご覧ください。年間採用人数10名以上の人事・経営者の方、必見です。

すでに会員の方はこちらからログイン

  • メールアドレスでログイン
  • AppleIDでログイン
  • Facebookでログイン
  • Googleでログイン

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
株式会社roxxに情報が提供されることに同意して

概要

書類選考や面接では分からない候補者の能力を見極めるリファレンスチェック。日本では経歴詐称などを見抜くネガティブなイメージが強いですが、海外では「候補者のことをより深く理解できる」ことから、7割の企業が使用しています。

面接には限界があり、多くの候補者が書類を「盛っている」という事実からも、ミスマッチ削減のために第三者からリファレンスを取る必要性があります。では、具体的にはどのようにリファレンスチェックを行えばよいのでしょうか。

本資料ではリファレンスチェックの基礎的な情報と、具体的な実施方法を詳しくご紹介しています。IT/コンサル/WEBマーケ/広告などの業界で導入が広がっています。類似企業の皆様は是非資料をご覧ください。年間採用人数10名以上の人事・経営者の方、必見です。

ブックマークしました