研修関連業務時間が半分に。eラーニングの導入成功事例

AirCourse

概要

従業員が100名を超えてくると、研修の受講管理が煩雑になるのはもちろん、受講促進のためにこまめなリマインドが必要になります。そのため、研修担当者の研修実施以外の関連業務に割かれる時間が増え、負担が大きくなりがちです。

リノべる株式会社では、こうった課題以外にも人材育成について「受講者の履歴管理ができていない」「遠隔地にいる新卒採用の内定者に研修を行えない」「ナレッジが散在している」といったことに悩まされていました。そこで、社員の育成のためにeラーニングを導入。個々のウィークポイントを可視化することができ、効率的な研修が可能になっただけではなく、研修担当者の研修関連の業務時間が半分になったといいます。

eラーニング導入にあたってのシステム選定のポイントや、コンテンツ作りで工夫されている点などを同社に詳しく伺いました。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
KIYOラーニング株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

従業員が100名を超えてくると、研修の受講管理が煩雑になるのはもちろん、受講促進のためにこまめなリマインドが必要になります。そのため、研修担当者の研修実施以外の関連業務に割かれる時間が増え、負担が大きくなりがちです。

リノべる株式会社では、こうった課題以外にも人材育成について「受講者の履歴管理ができていない」「遠隔地にいる新卒採用の内定者に研修を行えない」「ナレッジが散在している」といったことに悩まされていました。そこで、社員の育成のためにeラーニングを導入。個々のウィークポイントを可視化することができ、効率的な研修が可能になっただけではなく、研修担当者の研修関連の業務時間が半分になったといいます。

eラーニング導入にあたってのシステム選定のポイントや、コンテンツ作りで工夫されている点などを同社に詳しく伺いました。

ブックマークしました