中小企業・ベンチャー企業のための 上場準備プロジェクト

クラウドERP freee

概要

中小企業・ベンチャー企業が上場を目指すとき、収益部門である営業や製造部門に人材が投入され、管理部門に関しては必要最低限の人数で業務が行われているのが一般的です。しかし、上場準備の過程では内部統制・コーポレートガバナンスの構築が業務の多くを占めることになります。

管理部門の業務負担が大きくなることから、管理部門とは別に上場準備プロジェクトチームを設置することが必要となり、上場の成功を大きく左右します。では、上場準備プロジェクトチームの編成やタスク管理、スケジューリングなど、具体的にどう動けばよいのでしょうか。

本資料では、500名以下の中小企業やベンチャー企業のための上場準備体制の構築ガイドを掲載。スケジューリングやCFOのあり方など、詳細にご説明しています。

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

  • {{company.company_name}} {{company.address}}

戻る

資料を読むには以下項目をご入力ください

STEP

1

2

3

同時に会員登録いただくと、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint」編集部が厳選した経営や組織に関する最新ニュース、会員限定の記事やイベントのご案内が受け取れます。
freee株式会社に情報が提供されることに同意して

概要

中小企業・ベンチャー企業が上場を目指すとき、収益部門である営業や製造部門に人材が投入され、管理部門に関しては必要最低限の人数で業務が行われているのが一般的です。しかし、上場準備の過程では内部統制・コーポレートガバナンスの構築が業務の多くを占めることになります。

管理部門の業務負担が大きくなることから、管理部門とは別に上場準備プロジェクトチームを設置することが必要となり、上場の成功を大きく左右します。では、上場準備プロジェクトチームの編成やタスク管理、スケジューリングなど、具体的にどう動けばよいのでしょうか。

本資料では、500名以下の中小企業やベンチャー企業のための上場準備体制の構築ガイドを掲載。スケジューリングやCFOのあり方など、詳細にご説明しています。

ブックマークしました